06/19のツイートまとめ

su_maho_maho

玄関を開けた瞬間、会社名も名前も名乗らずいきなり用件を話し始める人には、とっても冷たい応対をしますよ( ̄ー ̄)ニヤリさっき訪ねてきたスーツ姿の人、ちゃんと名乗ればもう少し話を聞いてあげたのに(o´艸`)
06-19 11:23


ランキングに参加しています
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
 人気ブログランキング  にほんブログ村
ポチッとお願いします

    

両足でジャンプしてみた

「○○してみた」の動画を撮ったわけではありません。
買い物から帰ってきて玄関を開けて靴を脱ぎ、そこで

この段差飛べるかなあ……。

突然、飛んでみようと思ってしまったのです。
昔の古い家の作りなので、玄関に25cm弱の段差(上がり框【あがりがまち/あがりかまち】と呼ぶらしい)があります。
『その段差を、両足を揃えてジャンプをして上がることが出来るのか!?』
誰の得にもならないし、こんな挑戦をしてもまったく意味はないのに。
今日は暑かったので、思考回路が少しおかしくなっていたのでしょう笑
頭の中で「これくらい飛べるでしょ」、軽やかにピョンとジャンプをする姿をイメージしていました。

いち、にの、さん!(ピョン!)

ドス!
「あ゛あ゛ああああーーー!!(絶叫)」

危なかった( ;∀;)
着地のときに物凄い音がしましたが、一応ジャンプも着地も成功しました。
しかし、かかとが乗り切らなくて、後ろに倒れかけ(ここで絶叫)ギリギリのところで体勢を立て直し、ちょっとだけチャレンジしたことを後悔。

昔はあんなに身軽だったのに、体の(お尻の?)重たさに驚きを隠せませんでした。
失敗することを一切考えずにジャンプをした自分が怖いです。笑

失敗していたら、両足のスネ(もしくは足の甲)を段差で強打。←骨折
体勢を立て直せずそのまま後ろに倒れ落ちていたら、尾てい骨と腰を強打。←寝たきり
あるいは後頭部強打。←あの世行き
頭を庇おうと手から落ちていたら、腕を怪我。←仕事ができなくて失業

アラフィフの体は自分が思っている以上に重い!
学んだので、もう無謀な挑戦はしません。




ランキングに参加しています
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
 人気ブログランキング  にほんブログ村
ポチッとお願いします

    

人生を振り返る④~まだ続く登校拒否時代~普通ってなんだ

 あの日(前回の記事)から何ヶ月か経っても、まだ学校へは行かれず、部屋で毎日寝ていました。


 家族との会話もほぼなかったのですが、ある日突然、母親が(当時私が好きだったアイドルの)レコードを買ってあげるから一緒に出かけよう」と言ってきました。

 出かけるのは嫌でしたが、レコードを買ってもらえるという嬉しさが勝ち、(当時母親は免許を持っていなかったので)父親の運転する車に乗りました。

 外に出るのは本当に久しぶりでした。

 

自分で言うのもあれですが、根は素直なので()『レコードを買ってあげる』という言葉に、素直に喜んでしまいました

 

 車は、見たことのない建物の駐車場に止まりました。

「降りて」

 どこについたのかもわからず、言われるがままに車から降りました。

レコード屋さんではないのは確かでした。

 ついて来いと言われたので、だまってついて行き建物内に入り、とある一室に私ひとりだけ通されました。

 知らない女の人が入ってきて、いろいろ質問をしてきました。絵も描かされました。

(自分から進んで話はしませんが、聞かれたことにはちゃんと答えます。)

 

 何分くらい話をしたのか覚えていませんが(たぶん30分くらい)、話をしたあと廊下で少し待たされ、今度は親も一緒に呼ばれ部屋に入りました。

さっき話をした女の人がいました。

 私たちが席につくと、その人は開口一番

「お母さん、安心してください。娘さんは大丈夫ですよ。いたって普通の子です」

 

・・・・・?

 

 この時点で、まだ自分の置かれている状況が理解できていなかった私。

 自分で思ったことを言葉に出さない性格なので、「ここはどこ?」という疑問を持ちながらも、親に聞くことはしませんでした。

 自分がどこにいるのか、何をされているのか分からないまま、知らない人にいきなり「あなたは普通」と宣言されたのです。

 

あとになって、そこが児童相談所だったと知りました

 

 児童相談所で『普通の子だから安心して』と、言われた親は安心できたかもしれませんが、私からすると『お前は普通じゃない(と思ったから相談に行った)と親に思われていたということです。

 そういう目で見られていたのか

 約束していたレコードは買ってもらえましたが、買ってもらえた嬉しさはもうありませんでした。

 

騙された・・・


 結果的にレコードは買ってもらえたので嘘をつかれたわけではありませんが、私が欲しがっていたもので釣って、黙って連れて行くという行為が許せませんでした。


『もう二度と車には乗らない』

『誘いにも乗らない』

『親は信じない』



 


ランキングに参加しています
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
 人気ブログランキング  にほんブログ村
ポチッとお願いします